様々な育毛剤がある|白髪の髪染めで老化の悩みを軽減しよう|髪を労わる
婦人

白髪の髪染めで老化の悩みを軽減しよう|髪を労わる

様々な育毛剤がある

容器

女性用の育毛剤の価格

女性の薄毛の大半が「びまん性脱毛症」という症状です。女性のびまん性脱毛症は生活習慣を気をつけたり、育毛剤を使ってケアをすることで改善できます。 女性用の育毛ローションや育毛スプレーなどの価格帯を見てみると、安いものは2000円代でも購入できますが、平均的には約6000円ほとです。人気がある商品は3800円前後のもので、このくらいの価格帯の育毛ローションだと家計の負担にならずに続けられます。 女性用の「飲む育毛剤」として普及しているのがパントガールです。パントガールは個人輸入代行サービスを利用すれば一箱約8000円で購入できます。二箱だと約14000円、三箱だと約21000円なので、まとめ買いをすると一箱で買うよりもお得になります。

世界の薄毛治療の歴史

薄毛の治療は紀元前から行われていました。まだ紙もないころに書かれた医学書にはすでに薄毛治療に関する記述がみられ、当時は野生動物から摂った脂などを薄毛対策のための育毛剤として使用していたそうです。 中世ヨーロッパではかつらが流行した時代があります。薄毛に悩んでいたフランス王が薄毛を隠すためにかつらをかぶったことがきっかけでした。 今使用されている薄毛治療薬プロペシアが日本で販売されたのは2005年の事です。プロペシアはフィナステリドという名前で前立腺の病気を治す薬として使用されていましたが、発毛効果があるというのが分かり、薄毛治療薬として改めて販売されました。今では飲む育毛剤として世界中で愛飲されています。